Miss Sophies

プラハ

プラハは多くの名前で知られています。ラテン語ではマタ・ウルビウム(都市の母)そしてチェコではマチカと省略され、愛称されています。都市の古くて綺麗な建築物は「百の尖塔の市」や「黄金なるプラハ」とも呼ばれています。とはいえ、どう呼ばれても、どうしても可愛い愛称で説明できない要素があります。中世の玉石やゴシックな塔のしたにはこの古い場所を訪れる者を一人残さず動かすものがあります。プラハのゴーレムからカフカの小説まで、この都市には何か魔法や時には邪悪さを彷彿するようなものがあります。

その歴史は実に長く、時の始まりに遡ります。プラハは錬金術、天文学、そして建築学の中心にありました。そしてプラハは音楽、芸術、演劇、そしてその他の形態の文化に溢れており、それは独自のものや海外から輸入したものもあり、誰にとっても親しめるものとなっております。

とはいえ、これらの豊富な歴史や賑やかさは訪問者を圧倒しません。120万人の年にしては、面白いほど村に感じるのです。このように、プラハは良き母のような存在で、あなたを守りながら、人生が隠しているものを自身で見つけられるようにしているのです。そして、ヨーロッパの中心にあるプラハには、実に多くの秘密が隠されています。プラハの支配者、そして訪問者は同様にそれらの解明に何百年もつとめていますが、秘密というものは簡潔に説明できないのが現状です。

必見

プラハ城―

城がない古代都市なんてないでしょう?プラハの城は実は複雑に絡み合った教会、宮殿、そしてその他の建物からなっており、その規模は世界の中でも有数です。特徴的なのは、ゴシック風のセイント・ビータス大聖堂で、築600年になります。

チャールズ橋―

この橋は東西の貿易路としてプラハを位置づけるのに貢献した橋であり、長年唯一の交通手段となっておりました。チャールズ橋を作ったのは、同盟のチャールズ4世で、その建築にあたり、チャールズ4世は天文学を参考にしたと言われています。三つの橋の塔があり、像や路上商店囲まれています、

オールド・タウン・スクエア―

ティン大聖堂やセイント・ニコラス大聖堂を含む壮麗な見ものに繋がっており、従来はオールド・タウンの中心にあり、曲がりくねった通りと大きな広場に特徴付けられております。スクエアの目玉はオールド・タウン・ホールであり、プラハの天文時計によって飾られています。この魅力的な中世の機会は多様な時間の計量を図っております。スクエアは季節によって異なる多くの商店やコンサート、その他のイベントを主催しております。

ジューイッシュ・クオーター

―ぷらはは昔から大きなユダヤ系コミュニティがあり、ジョセフォブは都市のユダヤ地域でした。20世紀の黎明期に、従来の曲がりくねった通りは、他のヨーロッパの都市に倣って、現代的主要道路に取って代わりました。ナチの下で、ユダヤ系の人口は殆ど壊滅し、今日残っているのは6つのシナゴーグ、オールド・ジュイッシュ・ホール、そしてオールド・ジューイシュ・セミタリーの層になった墓石だけです。

ビィシェラード―

プラハの「もう片方」の城はビィシェラードで、幻想的な人物リビュースがプラハを作る場所として位置づけられています。ブタバ川を俯瞰する岩の上にあり、いくつかの歴史的建物やチェコの歴史的人物が眠る大きな墓地があります。

ウェンカラース・スクエア―

多くの点で都市の商業の中心で、どちらかというと大通りで、賑やかな明かりと店に彩られています。ベルベット革命のときにデモが起きた主な場所でもあります。スクエアの頂点には、壮大な国家博物館とチェコのパトロン聖人、ウェンカラスの像があります。底には歩行者エリアがあり、多くのイベントや季節の商店の場となっております。

Map Inlay Download PDF Go to Google Maps